絵描き*姫路のうさぎblog ‐オリジナルの私。‐

感覚人間(?)姫路のうさぎ、もっと自分らしく生きたい—。『にがおえ‐Pink Rabbit‐』の活動や、作品、日々の気持ち。良いも悪いも出す。これが全部じゃーっ!私なんだもの!(`・ω・´)正直でいたいのだ、そんな場所にしたい。

なんか凹たれている。※愚痴投稿、じき消すかも。

ツイッターはやっぱり
見る専門だな。



眺めていたら

やめようかな。

前からときどき思っていたこと。





学生時代から兄のような存在だった友達の、フォローをやめた。


ある言葉にとてもショックを受けて以来その友達に対する見方が変わった。


"恋愛にずっとなんてないんだ。
それを信じていた私はなんて幼かったんだろう。"


そうとあるSNSに投稿したときコメントが


「年甲斐もなく浸っていたのが、ゆみ吉やけどな」


って言葉。
25歳やったかな。


"年甲斐もなく"
私の恋愛をそばで見て、相談や応援してくれていた友から、その言葉は聞きたくなかった。


良好な関係でいたいし
その意見も分からなくもなくて
大人になりたい、大人にならなきゃって
すごく思っていた時期で
傷ついていないフリをして返事をした。


そのあたりから


会うことも減ったし
だけど、きっと

お互い良い報告とか
時々連絡取り合って
そんな風に交わせる
関係だと思っていた。


学生時代から
夢や将来のこと
卒業してからも
切磋琢磨して
お互い刺激になっていたから。



でも。




いつのまにか
入籍していたことを
とあるSNSで知った。

相手のことも名前すら
聞くまで紹介されず。
(結婚式の二次会呼んでくれたけど、二次会かぁ….女やから気を使って?まぁ参列者の人数の兼ね合いもあるよね)



そして


子供が産まれたことも




名刺、その友達にお願いしていて
切れたから連絡したら
なかなか連絡来ず。

SNS見たら、ちょうど子供産まれていて。

あえて知らないフリしたまま聞かず



「バタバタしててすまん。来週には届くと思う」



なぜ言ってくれないんだろう?


そして

名刺を頼んだことに対しても
ありがとうもない。



忙しい中ありがとうって送ったら


実は…ってようやく。



おめでとうに対しても

ありがとうもない。






なぜ、2年くらい会ってないし全く連絡取っていなかった友達に名刺をお願いしていたのか。


その友達を応援する意図もあった。
(個人事業主だから。今もやってるんかな?)


今は名刺作ってもらえる人は他にもいるけど
似顔絵始めたばかりの頃、後押しになったし
気に入っていたから。




だけど、もういいか。


そう思った。






私のなかでモヤモヤが募り

勝手に思っていた想いもある。

そんなん伝えなきゃわかんない。







価格設定に対してコメントくれたとき
言い方が気に障ると言ったら


フォロー外されていた。

けど私はフォローしていた。


"大事な友達"と思いたかったから。

(正論をわりと言うタイプ。本人は気づいてないと思うけど上から言うところがある。私が年下だし妹的な感覚で思って厳しく言ってくれた言葉も、私には針だった)




けど


今はそう思えなくなった。


…じゃ、ナイか。




そう思えなくなっていたことを


認めた。













へこたれてる。

雨のせい?
やることいっぱいなのに。


書く。








ふっとしたキッカケで
また会えるといいなと思う✨