絵描き*姫路のうさぎblog ‐オリジナルの私。‐

感覚人間(?)姫路のうさぎ、もっと自分らしく生きたい—。『にがおえ‐Pink Rabbit‐』の活動や、作品、日々の気持ち。良いも悪いも出す。これが全部じゃーっ!私なんだもの!(`・ω・´)正直でいたいのだ、そんな場所にしたい。

昨日は照明OFFどころかブレーカーが落ちていた状態。今朝より返信中m(_ _)m

お仕事の件もお待たせしてしまった。
申し訳ございません。

皆さん、"普通に接してくれる"

温かい対応ありがとうございますm(_ _)m





先日観に行った『カメラを止めるな!』という映画。

ブログにも書いたやつです('ω')

★記事の中盤あたり映画感想(制作目線的な感想なので、ネタバレはないと思う)
このままじゃ気持ち折れるなと思ってる件。見る人目線で考えないとただの自己満足の作品になる。 - 絵描き*姫路のうさぎblog ‐オリジナルの私。‐


今度、その監督さんの短編映画を含めた上映会がシェアーズであると、日曜日に行った自主制作アニメの上映会で知った。
(上映会を開催している主催が同じで、最後に案内していた)





観たいなー!

どの監督さんだろう…名前なんだっけ?どんな人なんだろう。

検索をかけてみた('ω')



★インタビュー記事①
話題の映画『カメラを止めるな!』上田監督 借金まみれホームレス同然からの大逆転 - 朝日新聞デジタル&M

★インタビュー記事②
傑作『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督が語る。「天才」だった自分がボコボコにされてから




涙腺が(T . T)←


やっぱり思ったとおりの人だった。

映画への情熱。そしてさまざまなエンタメに触れていらっしゃるようだし、人柄そのものなんだなぁ…。
講演会やってくれないかなぁ。会ってみたいなぁ(*^^*)


あ、「涙腺が」となったのは

もう、ど真ん中だった。

特に★インタビュー記事②に書いていた文章に、まさに私かと思った。






絵は私の一部だから。

片時も、忘れることのない存在。

やめたら私には何もなくて。

でも、すべてを注げるほど
覚悟を決めてやりぬく強さもなくて。


"やりたい"と感情だけでやっていけるほど甘くない。
イラスト、クリエイティブの世界。
何万人いるだろうか。私より絵が上手い人なんて幾らでもいる。個性と実力があって、それだけで食っている人は一握り。

認められない。
否定される。

イコール"お前は価値がない人間だ"と宣告されるような結果になるかもしれないと…怖かった。


それらの怖さ以上の熱量を持って、タフなメンタルでやり抜く強さが私にはあるか?


現状を維持していく選択もできる。

険しそうな道を選ばなくても
生きていけるだろう。



でも私は


「通行人Aになりたくない」



そうこないだ言ったなぁ。


‥よくよく考えたら失礼だよ。人それぞれの幸せ、それぞれの人生ドラマがある。街を歩くひとりひとりを知らないのに"一般的な人たち"とくくって。





企画シリーズも、うさぎBARも、逃げだったのかな?

「私はいろいろできるんだよ」

「前向きに頑張ってるよ」


そうやって"何者"になれれば、向き合わずに、気づいてないフリをして生きていけた。


そんなわけで涙腺(T . T)



…あー引き寄せたねぇ。苦笑


必要なときに必要なことは起きる✨



それは今までもそうだった。

不思議だ。ときどき、私スピリチュアル系なんじゃないかと思ってしまうよ。笑




今日のまかない☆二種類ハンバーグ!肉!肉!!うま(*´ω`*)



たとえ"逃げ"という心理があったとしても、挑戦してきた。

行動したから
私は気づけたんだ。



"ひと握り"という、巨大な世界をつくって壁を高く高くして登れなくするんじゃなくて

もっと身近に、"私の現実"の中に、可能生や出来ることはきっとあるはず。




…まだまだ葛藤しそう。

でも、ちょっとずつ。


怖さも少しずつ、乗り越えてやる。

LINEタイムライン。振り返る過去投稿。


だいぶ日も沈みまして。←

腕がなんとなくかゆい。かまれてないけど、かゆい。





Facebookを始める2年半前まで、LINEのタイムラインへ日々をつらつら書いていた。

今はFacebookをやってない友人とかに向けて、たまーにイベント告知等に使っている。





なつかしい、、粘土グッズたち。


読めば読むほど

おい!創作がやりたいんじゃないか…!おめぇさんよ!!

となる。

私ってばめんどくさい、、、(*_*)

予定を終え、このごろの歩きルートへ。

自分のことって
案外知らないもんだよね。

30年間いっしょなのになぁ。


不思議だ。





鱗雲がきれい。
秋だなぁ。気温もちょうどいいや。


お城、歩きに寄っちゃう。

気持ちいい場所。





「楽しいも苦しいも紙一重


リンゴに呼ばれたウサギ。
絵本ライブの今後の話、私の話、一時間ほど。
最後は擬音語だらけの表現者トーク

ざわざわってなんだろ(゚o゚;; 笑




★「生きてると感じるときって?」紙一重、完全なる趣味なら"楽しい"しかないのかな?


絵を描いているとき、創っているとき。


描きながらニヤニヤしてるとき。

キャラクターたちが頭の中で動いだしたとき。


「描きたい!」と

しっかりイメージできたとき

睡眠時間も観たい番組も
恋愛も将来もどうでも良くなる


自分の世界に浸っているとき


きっと"無敵状態"



ただ、その孤独に、信念を貫きとおせるようになれば


なんにも気にならなくなって





知らぬまに吹っ切って




その場所に立っているんだと思う。





自主アニメの上映会は古本屋さん?の二階で行なっていて、友達家族が帰るところにたまたま遭遇。


ずっと健康状態が気がかりだったけど、きわどい質問になりそうだったから聞くに聞けず、どこかのタイミングで聞いてみようと思っていた。



お元気でよかった!


会えた感激で挙動不審だったと思う!笑


本当によかった(*^^*)


アニメはついでかもね、きっと会えるようになってたんだな✨✨






「遅かれ早かれ結果は同じ」



そうだね。

答えはもう出ている。






"ウサギsanはゆっくりでいんですよ。"





答えはでていて。




絵を描くのはストップしている。

いつでも出発できるように運転席には座っていて、エンジンかけてみたり止めてみたり。

アクセル踏む前、もがもがしている。…もがもが(?)





もうすこし
秋の風とお城の空気吸って帰ろう。

帰りは自転車を押して歩いて。



このスピードが心地よい。

鼓動に合った私のスピードなのかもね。

ほぼ今年初!イツメン、女3人組でのお出かけ。居てくれてありがとう。

3人だけでどこかに出かけるというのは
年越し以来。

朝から夜まで、ひっさしぶりだったなぁ。


垂水のコストコへ✨
独身女ばかりが行く場所かな?( ̄ー ̄)笑



そういえば
友達と遊びにいくのは……今年あんまり無かったなぁ。

眉間シワ吉の件(笑)も、バドミントンや企画シリーズも、心地よいシェアーズも、友達と遊ぶとも違う。イツメンは高校からの仲。
多いときは月2、3回は集まっていたし、なんなら卒業間際から仲良くなった3人。沈黙も気を使わなくていい、オフ感でいられる。…なんてラクなんだろう✨




前から予定していた日。

このタイミングで、このメンバー。

…意味を感じてならないや(*´ー`)


偽って日々を過ごしてきたわけではないけど、どこか無理をしていたんだなぁと、、、スイッチオフな自分を感じて思った。


🐰「今日会えてよかった!ありがとう」


もがき模様はあまり話せてないけれど、2人の存在に感謝。救われたきもち。




ご心配LINEありがとうございます(;_;)
同じことを先日ある方からも言葉をいただきました。
見てくれてる人は見てくれてるんだなぁ…(*>_<)
あらためて返事をします✨





買ったものは主婦( ̄ー ̄)←

ブロッコリー4株で498円!安くない⁉︎国産じゃなくてアメリカやったけどね。
あ‥1株98円のときたまにあるか(o_o)

ハンガーなんて50本で1038円だよ!
クローゼットに引っ掛けるとき、棒とサイズが合わなかったりして欲しかったんよね(^^)



明日は自作アニメの上映会と、その前にいつものカフェへ☕️


いま必要なのは

力を抜くことなのかもしれない。

私がいる場所は此処じゃないと気付いている。決意と覚悟に必要な時間、もがくぜウサギ。

何者かになろうとしたことが

間違えていたのかも。





私は漫画家になりたかったんだから。






それを"できない"と諦めていたけど

心の深い場所は変わっていなかったんだろう。

ずっと思っていたこと。

何かになろうとしなくても

変わらなかったんだ、ずっと。











ただ

また漫画家を…とは思ってはいない。



また創作を始めるのか。


ただただ、机と部屋と、紙とペンと、私と戦うのかと。

また戻ってしまうのか。
打ちのめされるのか。






3年半前に戻る?

この3年半、なんだかんだあったよね。


思いきって環境を変えようと決めた2016年12月。

その年の…あ、ちょうど今ごろだ。

感情が爆発して叫ぶように泣いた。

自分はどうしたいのか
あらゆるストレスを想像以上に抱えていた。
自分でもびっくりするほどコントロール出来なくなり、翌日仕事休んだんだっけ。


そうか。

人間、落ちるとこまで落ちなきゃ上がれないんだな。


似顔絵を始める前は、毎日つまらなくて仕方なくて絵をやめて別の道に行こうかと悩んでいた。


もしかしたら、また作品を創るためのミッションが与えられて来たのかもしれない。


"パワーアップしてこい"と。



…いや、違う?(o_o)


"わかっただろ?もう潮時だよ"


あ、、カミサマそっちですか?(O_O)
ポジティブなんだかネガティブなんだか….





どっちでもいいや!笑

この3年半は
得たものが本当にたくさんあって。


人の存在。
出逢いありき。

大切な仲間、尊敬する人、大好きな人。

脳裏に浮かぶ、さまざまな思い出と経験。

お客さんの顔。



なんだろうな…

なんかね、戻ることはなくて、今の私だからできることがある気がするんよね。

"漫画を描いて雑誌に投稿する"

という一本道以外の方法でも

もっと身近なところから、きっとなにか、できることがあるはず。




しばらく公での発信はお休み。

うさぎBARは…



うー

立ち上げる気になれず。
連絡とる気力も、ごめんなさい、でない。


でも楽しみにしてくれてる人がいるから

10月25日満月の夜、やりますよ✨
その気持ちは絶対に裏切りたくないもん(´ー`)

しばしお待ちを🐰

お返事、しばしお待ちを。

「休んだらいいよ。」


と、言ってくれる人たちがいる。




そっとお茶をだしてくれるみたいな。






…思わず涙。





そうやね、いろいろやって来たよねぇ。

何かをやっていないと
自分が何処にいるか確認できなかったのかもしれない。

あらゆる武器を装備して、強がって見せていたのかもしれないね。
















言葉がうまく文章にならない。


もう、、みんな優しんだから。

これだけはいま、伝えなければ。





















感謝。ありがとうございます(;_;)

ほんと人ありきだな、私。



改めて返事を✨

9月ってこんなに雨が多かったっけ?季節の変わり目、私自身もそう。


最近こんな記事ばかりだね。
ウキウキしたいなー(´ω`)


今日は肌寒いね。
湿度も低いし、どんどん秋へ向かってく。


秋になる前。

季節が変わる前は天候は不安定。

急な豪雨やカミナリ、突風。

青色がみえない空。


"紅葉が見頃だね"

なんて頃には、すっかり秋になっていて。

変化するときは
少なからず荒れるのかもしれないな。

地球も私も同じね?( ´_ゝ`)







しばし休息。

撤回←

いや、休息(どっちだ)
本日も…しばらく?毎日イラスト更新ストップします。
止まりつつ歩きつつ…行きます(*^^*)ありがとう🌱




「なにを描きたいか」

「時間をかけてみようか」

「ストーリーがあるような」



頭のなかは、全然、ジッとしていない。






やっぱり私は創作がしたい。

似顔絵をやってきて
やっぱり創作がやりたい。

私にしかできないことをやりたい。


…それがなんなのか

分からないけれど



作家になりたい。

アーティストでいたい。





"似顔絵師"という仮面は
ずいぶんラクだった。

もちろん適当にやってきたんじゃないし
お仕事としてやってきた。

その仮面をつけることで
何者かになれた気がして
絵を描くことを肯定できた。


「お仕事でされてるんですか?」
「趣味ですか?」


ときどき、お客さんや初対面の方に言われることがあった。

世間の認識とはそういうものだというのは痛いくらいわかる。

私だって、何度も何度も、問うてきた。



趣味だなんて思ったことない。
でも仕事であって仕事とは違う感覚もあって。
絵が生きる道しるべなんだ。
これがなかったら自分に価値を見出せない。



運動も勉強も苦手な子供だった。

小中の体育はときどき仮病して休んだし、鉄棒やマット運動、水泳は苦手中の苦手。体育がある日の前日から憂うつ。
算数は30点、放課後居残りもしょっちゅう。
夏休みの宿題はいい加減に終わらせる。

でも図工の時間は好きで、ポスターとか粘土で作ったパン屋さんとか、表彰もらったりすることも。

したいことしかやってこなかった。

今さら安定志向で仕事選ぼうとか、無理なんだよ、きっと一生やりたいことを選んで生きていく気がする。


でも"絵を続けていく"ためには、現実的にお金の面は無視できない。


…それもあって
似顔絵師をやってきたんだけど。


創作はやりたい。

そのためには、どうすることがベストなのか。



試写会。

横で感じていた。



全身から溢れる表現。

指先と、鍵盤との絶妙な距離感。

なんていうのこれ。この、ま!間!



表現力って
技術だけじゃないと思う。

センス、人間、魂。


そういう

自分自身から溢れるような
エネルギーといいますか
波動というのか


ハートの強さだろうか。



創りだしたい、私も✨(^^)